スポンサーリンク

ISUアワード報道 #実に予想通りの結果 #ロシア記事その2

https://m.sport-express.ru/figure-skating/reviews/komu-dostalas-premiya-isu-pochemu-ne-nominirovali-zagitovu-1690723/#

ホストのタニスとチャーリー・ホワイトがスマホのメッセージでISUスケーティングアワード賞受賞者の名前をメッセージを読み上げた。

念のため、結果を知らない人のために。

フィギュアスケーターで最も価値あるは、羽生結弦選手(日本)だ。

最もエキサイティングプログラムは、ガブリエラ・パパダキス/ギョーム・シゼロン(フランス)。

最高の新人はアレーナ・コストルナヤ(ロシア)。

最高のコーチはエテリ・トゥットベリーゼ(ロシア)。

最優秀振付師はシェイリーン・ボーン(カナダ)。

ベストコスチュームはマディソン・チョック/エヴァン・ベイツ(アメリカ)。

功労賞はカート・ブラウニング(カナダ)。

イベントは、アベルブフとヤグディンが予測した通り、それほど刺激的ではなかった。
しかしこのイベントへの関心を著しく高めてきた、ザギトワと羽生のファンへは、特別な感謝の気持ちが伝えられるだろう。
一般的にすべてが予想され、驚きはなし。
予想外の結果の1つは、昔の伝説的スケーターカートブラウニングだが、これは既にネット上で予告されていた。

 

予想通りの受賞者に決定。

すべてのカテゴリ勝者は、勝つに値した。
エイモズが、最高のエンタメプログラムで突然栄冠を受け取ることはなく、ユヨンもトゥルソワとコストルナヤの両名に割って入らなかった。
メドベージェワの信じがたいロビーはなく、実際オーサーもメドベージェワも受賞しなかった。

信頼は、特にイベントの評判を高める最初の段階で重要である。
「アリーナチーム」のミステリアスな行動のため、ザギトワが最終リストに選ばれなかった理由を見つけることはできないだろう。
しかし、おそらく彼女のアワード不在は、彼女のコーチ、グループメイトへ影響を与え、彼女たちは賞を受け取った。

 

エテリ・トゥトベリーゼとブライアン・オーサーの対面実現せず。

初めてのオンラインアワードでは、2人の相容れないライバルが会話をやりとりしたり、お互いに賛辞を送ったりできる可能性があった。
世界で最も優れたコーチが ズームアプリをインストールしながった、という発想はありえないが、観衆のお祭りに参加しなかったのは彼女だけだった。

 

スケーターはより良い英語を話す、喋れないスケーターは学ぶべき

エテリ・トゥトベリーゼは、短いスピーチに限定したが、彼女には米国で長年過ごした背景がある。
そして、シェルバコワとコストルナヤは英語で、彼女たち自身のノミネートとトゥトベリーゼの賞賛のところで数回登場した。

ロシアのスケーターは16歳の女子たちを羨ましく思うだろう。
メドベージェワの完璧な「トロント英語」について語る必要はない、定番なので。
まあ、トゥルソワは氷上だけでなく、この面でも追いついていかないといけない。
エフゲニー・プルシェンコチームは、このことをよく知っていて、動いていると思う。

 

報酬を考慮していく必要がある。

アリ・ザカリアンが長い間動いていたこの賞が、最終的に失速したことは疑いようがない。
しかしこの夏行われたことは、素晴らしいことではある。

追加試合などで、スケーターへ負担をかけることなく、シーズン全体のフィーリングを広げるための、じつにエレガントな方法であった。
世界のフィギュアスケーターは、年に一度だけ一か所に集まる。(世界選手権で)

この状況を鑑みオンラインに活躍の場を拡げるという点では、考える価値はあった。
そして、次回は賞の副賞を拡大することを考慮すべきである。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ISUアワード
スポンサーリンク
シェアする
mimiyunをフォローする
羽生結弦&フィギュアスケート海外情報・海外の反応翻訳まとめブログ
タイトルとURLをコピーしました