スポンサーリンク

トップは一緒にいてはいけない。TV専念のザギトワ、メドベージェワ出戻りの伏線。〜ロシアフィギュア事件簿3〜

9/18付 yandex
https://zen.yandex.ru/media/id/5d2622b1d11ba200ad3573be/po-chemu-po-mneniiu-averbuha-u-zagitovoi-sereznaia-konkurenciia-v-fk-a-medvedeva-molodec-chto-prodoljaet-vystupat-5f64663bbdfa745d404a6a2e

今シーズン、大会の数は少ないが、前年と同様に驚きに満ちている。
少なくともスケーターはファンを飽きさせず、ファンは毎日その喜びと議論理由を述べている。


ザギトワがフィギュアへ残るかどうかのトピックは、ほぼ1年間議論されてきた。
しかし、現在FFKKR(スケ連)のコーガン会長によると、ザギトワはプログラム両方の準備ができていて、彼女がテストスケートで実行できなかったのは残念だったと述べた。


また、ザギトワが準備している情報は、イリヤ・アベルブフによって報告され
アリーナがいかにスケートを維持しつつ、仕事に専念できるかを賞賛していると述べた。


メドベージェワは去る前に、アリーナと同じグループで一緒に訓練した。
現在、また同じ状況が繰り返されている。
ジェーニャとアリーナは再び同じ氷の上にいるかもしれないが
2人のスターがいる同じリンクにいる事の生産性はどれほどのものか?

プルシェンコは先に同じ状況になったが、トゥルソワとコストルナヤは
異なる時間帯で訓練を行う事になった。

少し前に、女子の年齢制限が引き上げられるというニュースがあった。
これは、アリーナやジェーニャの復帰が理にかなっていることを意味する。
彼らはパフォーマンスを継続し、結果を示し、移行期間を終了し
完全に新しい形で、自らを表現できるようになりるだろう。

ISUは、大掛かりなルール変更はオリンピック後のみ、と指摘した。
したがって、2023年はフィギュアスケートのシステムが変化し
年長のアスリートがフィギュアへ戻る機会は非常に高くなる。



………⭐︎………⭐︎………⭐︎………⭐︎………

え…っとこちらの記事の意図とは違うかもしれないが
私の感想を書いておきます。


プルシェンコが一足早く実践。


何を?

元同門のトップ同士を別々のリンクで指導。


実際に快適だ、とコストルナヤが話しました。

つまり、前から書いてたように

トップスケーター同士の練習は、本人同士は実は苦痛だった、
という一つの例です。


一部のファンから見ると
〇〇と〇〇は仲良しだ〜一緒に頑張って❤️なるが

実際そんな甘いものじゃない、と判明したのが今シーズン。

このロシア女子達を見れば
羽生結弦&ハビエル・フェルナンデスの6年間が
いかに奇跡だったか?を裏付けられますね。←何度でも書く


そしてもう一つの例がこちら。


ロシア報道ではザギトワはテストスケートに出る準備をしていたが、
突然合宿から姿を消し、その後テストスケート準備の途中で
TV出演をスケ連とは合意なく決めた、とのこと。


ロシア記事を見れば、テストスケート前にいろんな噂が既に飛び交っていたのだろう
と察することができる……


ザギトワが知らない訳がない~_~;


この2人は平昌オリンピックまでは一緒に練習してたので
また同じリンクで練習してもおかしくないけど…
絶対無い、と言い切っていい。

エテリも平昌前から意識変化しており、

テストスケートでも、トゥルソワ、コストルナヤが目を合わす事もなかった。
プルシェンコ達がコーチングに注意して、配置してのが見てとれました。

そのコーチ方針を見れば、
トップ同士を一緒にしても、何も良いもの生み出さない、と答えが出てるという感じですね。
自分もヤグディンとのことで痛いほど分かってるだろうし。



フィギュアスケートの美しい部分だけみていたいけど

オーサーたち、、、、

羽生結弦とハビエルが引退していなくなっても


メドベージェワ達がいる!新しいクリケットブラザーズだ!
と夢見てたんだろうなと

クリケットクラブはみんなで切磋琢磨する、そんな特別な場所なのだ!!と。

この2人が特別だったのに。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
シェアする
mimiyunをフォローする
羽生結弦&フィギュアスケート海外情報・海外の反応翻訳まとめブログ
タイトルとURLをコピーしました